男の子と暮らす日々

男の子2人の母です。 日常のあれこれ備忘録に綴りながら、旦那の毎日の弁当・簡単レシピなど覚書で書いていきたいです。

支援センターに行って良かったこと

四月になり新しい生活の方も多いはず。

我が家はついにお兄ちゃんが幼稚園入園となり次男坊との2人生活目前。

出来れば色んなところに連れてあげたいと思う。

公園、遊び場所、支援センターなど。

 

支援センターに行ったことで良かったなぁとしみじみ感じることを覚書じゃないけど書いておきたい。

そして、これからまだ足を運んだことがないというお母さんがもしこれを読んで行ってみようかな、と一歩になったらいいなと。

 

f:id:saekichi0829:20190404124710j:image

 

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

先日、お兄ちゃん支援センターで卒業式してもらえました。

そんなんあるの?と思ってたけど、年齢それぞれ。保育園に行く子、幼稚園に行くコ子…2歳、3歳、4歳とそれぞれいてたけれど、約10人ほどが今年ここを卒業。

 

手形を取って、冠をかぶせてもらって、ちょっとマイクを向けられて…

なんだかしんみりしてしまった。

 

卒業ってこんな気分だっけ。

自分が卒業する時とは当たり前に違うけど…

成長は時に寂しい。

嬉しいことなのに胸がキュっとして…

 

お兄ちゃん、大きくなったなぁとしみじみ。

 

わたしが住む地区の支援センターはそんなに広くもなく人数もそんなに多くなくて保育士さんたちも皆優しくてとても行きやすいところでした。

 

地域によっては子育て支援センターという名称や子育てサロン、児童館…色々あるようでやはり地域それぞれに色んな特色もある。

 

行って見たいけどどんなところか分からないし…そう思って足踏みするママたちはきっとたくさんいるはず。

もちろんわたしもその1人。

なかなか行けなくて、行かなくても別にいいし、なんて勝手に心を閉ざしながらも無視できずに悶々した日々。

 

友達が声をかけてくれてようやく覚悟を決めて行けたようなそれくらい腰が重い人でした。

 

地域や自治体によってやり方や手法は様々だとは思うけど、わたしが通っていた地域はこんな感じ↓

 

  1. プロフィール的な個人情報を受付にて記載(緊急連絡先とか住所の当たり障りのないこと)
  2. 出席簿のような紙に名前を書いてきた日にシールを貼る
  3. 子供に名札を作りそれをつける(名札は用意されている)

 

最初にすることはそれだけ。

1は初回一度だけで、あとは2、3を行くたびにしてあとは自由にその場で遊ばせてもらう。

 

持ち物はとくに要らず、自分の必要な物だけを持って行く。

  • オムツや着替え
  • お茶

 

それだけのことです。

本当に身軽に、初めてです〜と言っていけばいい。

 

子供がグズったり、帰りたいなと思ったらフラ〜と帰ればいいだけで。

友達と連れ合って行けば友達との関係もあるので逆に気を使うこともあるかもだけど、自分の都合で行けばいつでも帰れるし何時にでもいける。

 

わたしは断然1人でフラ〜と行くタイプでした。

そして1人で行くと、最初はもちろん子供と2人でコソコソ遊んだりしてるだけ。

 

連れ合ってるママさんたちがたくさんいるのでなんとなく気が引ける…

これ、あるあるだと思います。

これが不安で(嫌で)腰が重くなる人は多いのでは?

 

連れ合ってるママさんたちは必要以上に仲よさそうに見えたりして…

1人でいると余計に孤独を感じてしまう。

 

でも、気にしなくていいんだと思うのです。

子供が楽しく遊んでいたらそれに付き合って子供だけを見ていたらいいのです。

 

そうしたら…

 

勝手に子供が子供とつながってお母さんたちと繋がれたりするものです。

 

わたしは本当にそれでした。

 

連れ合っていくのは最初は孤独感のないメリットがあるけれど、新しい扉を開くには少しデメリットも。

 

1人だからこそ新しい人との出会いがあるものです。

 

わたしは結婚して新しい土地に引っ越してきて。友達と呼べる人は1人もいなくてお兄ちゃんを産んでから産後うつになりそうなほど孤独の生活でした。

大人と話す日なんかないかも、と思える時もあったし旦那はまだまだ子供のいる暮らしに慣れてもなくて独身気分。

 

辛いをこえて孤独。

お兄ちゃんだけが頼りででもそれも孤独と隣り合わせ。

 

でも支援センターに行くようになっていつしか顔見知りの人が出来て…

お兄ちゃんが元気に走り回って遊んでくれたことで認識してもらえ、気づいたらわたしには友達と呼べる人が数人できました。

 

お兄ちゃんや次男坊が繋いでくれた人達。

それはこれからの生活を180度変えてくれる出会い。

旦那では補えない空白を埋めてくれる存在です。

 

無理して友達を作ろうとしなくてもいい。

わたしはそう思っていたし、出来るとも思っていなかった。

でも、気づいたら、本当に気づいたら友達と呼べる人が出来ていた。

 

幸せです。

 

子供が繋いでくれます。

だから、行きにくいな…と足踏みしているママがいたら最初の一歩だけ。

気軽に行ってみたらどうですか?と今は心から思います。

 

地元の人との触れ合いは色んな情報もついてきてありがたいことも多い。

なにより、孤独や心の空白を埋めてくれる何かに出会えるかも。

それは毎日に変化をくれる。

 

春は出会いの季節。

新しい環境に足を踏み入れる人もきっと多い。

そのチャンスを生かして(о´∀`о)

 

わたしもまた次男坊と一緒に支援センターに遊びにいって、次男坊のお友達を作りたい。

そしたらきっとまたお兄ちゃんのお友達にも繋がるはずだから…

 

 

 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
お読みくださりありがとうございます。
更新の励みになります。
クリックいただけたら嬉しいです^^
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村