男の子と暮らす日々

男の子2人の母です。 日常のあれこれ備忘録に綴りながら、旦那の毎日の弁当・簡単レシピなど覚書で書いていきたいです。

久々の更新〜最近のあれこれ

ご訪問ありがとうございます( ˆoˆ )/

 

ご無沙汰しておりました。久々すぎる更新です。のぞいてくださる方、はたまた覚えてくださる方がいたら嬉しい限りです。

 

7月からしばらくブログを書かずにいました。

書けなかったとか理由は色々あるのですが…

なんとなく、筆が進まないというやつでした。

(なんかえらそうやなw)

 

7月というともう遠い昔みたいに感じてしまうのですが、我が家もその間に色々ありまして…

ちょっと振り返りもかねて文字にしていきたいと思います。

 

  • 7月、次男坊イヤイヤ期が辛すぎた

ちょうどブログが途絶えた時、次男坊のイヤイヤ期絶頂期で、イヤイヤ期が…というより、わたしがもう限界を達した時でした。

多分本人のイヤイヤはさほど変化はなかったのかもしれません。でもそれに向き合いなるべく添い続けたわたしが精神的にキャパを超えたのだと思います。そしてあのひどすぎた梅雨。

あの毎日振り続けた雨がわたしの疲労を倍増させ、お兄ちゃんお迎えに行った夏休み直前にわたしは園庭で先生やお迎えママたちが溢れかえる中で恥ずかしげもなく泣いて2人を抱えて帰るまで追い詰められたのでした…(大袈裟な言い方)

 

  • 8月、次男坊3歳児健診へ行く

そんなイヤイヤ期もなんとなくおさまってきたのは夏休みという特別な時間のおかげかもしれません。お兄ちゃんにとてもとても助けてもらった8月。お盆前に次男坊の3歳児健診が待っていました。コロナが流行していた中での健診なので対応も変化しつつ待ち望んでいた健診。

次男坊の言葉は未だたいして出ることはないままその日を迎えたわけであります…

 

  • 9月、次男坊、療育を受けることになる

3歳児健診の結果はまたあらためて記録しますが、結論わたしはひとつの決断をします。

ー市内にある療育の学園への入園ー

言葉の遅さはすごく深刻なものではなかったのですが、それでも年齢から見たときに言葉数としては少ないという判断をもらい、来年の幼保園入園までの限られた時間で、次男坊のためにしてやれることをしたいと思ったのが大きな気持ちです。その学園に面談に行った時の先生がとても良い方で、お話させてもらってわたしは悟るわけです。

この学園に通って学ぶのは、次男坊ではない、わたしなのだと。

 

  • 10月、お兄ちゃん5歳になる

そしてお兄ちゃんは気づけば5歳になりました。早いものです。

いつまでも小さな小さな男の子。

わたしから離れられずにいてるものだと思っていたのに、彼は彼なりに成長し自分の世界を広げています。

年中という年代は幼いけれど少し背伸びもして…みんなが友達だけれど、確かに自分の肌と合う子たちを見つけている、そんな気がします。

人間関係の成長を日々感じながら、お兄ちゃんは今なにに夢中なんだろうか。

 

  • 主人、まさかの海外赴任話の浮上…

まぁこれはまだあくまでももしかして…です。

それでも頭に入れておくように言われてしまい嫌でも頭の中で巡る事案なわけです。

 

そんな風に慌ただしくも我が家は新しい風が吹き続けています。

わたしは…

その間にたくさんの人といろんな気持ちに触れ合いながらそれなりに悩み迷い、気持ちの浮き沈みがありながらも今を暮らしています。

 

人と人がわかり合うのは難しい。

それはお互いに気持ちや価値観があるわけで。

すべてが同じように理解したり納得したりできることじゃないのだと…

大人になる程そういった心のやり場に振り回されている気がします。

心配や不安…悩むことは尽きませんが、元気でおりました!!

 

また時間を見つけて更新していきたいと思いますので覗いてくださると嬉しいです!!

 

f:id:saekichi0829:20201014201054j:image

 

コキコキ漕いでいるお兄ちゃん。

ストライダーもまだ乗れない次男坊。

ありがたいくらい2人は相思相愛www

 

 

 

+++++++++++++++++++

楽天レシピおすすめです☟

○簡単無料登録!
○レシピを投稿したら楽天スーパーポイントがもらえる!
…レシピ投稿50ポイント
…作ったよレポート投稿、作ったよレポートもらって10ポイント
○貯まったポイントは楽天市場でお買物に活用できる!!

 

オリジナルレシピを覚書に、財産に!

レシピをあげるなら楽天レシピがおすすめ♡

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++